触れ合う手

負担が軽くなる

煩雑な介護の仕事を楽にしてくれるとして、多くの介護事業所において、介護伝送ソフトシステムが導入されています。
この介護伝送ソフトのシステムでは、パソコンを利用することにより、国保連などにデータを送信することができます。
介護を受けている人のほとんどが、国民健康保険を使用しているため、こうした国保連へのデータの提出は必ず行わなければなりません。
こうしたデータの提出は慎重に行わなければならず、介護を行った事業所の費用と実際に立てられていたプランとの間に齟齬があれば、国保連から返戻となる場合もあるため、注意が必要なのです。
返戻がなされば場合、また再び計算をし直し、提出しなければなりませんが、忙しい介護の仕事に負われながら、こうした作業を行うのは時間的な余裕も無くなるため、問題となるでしょう。
こうした作業をも楽に行えるのが、介護伝送システムなのです。
介護伝送システムでは、クラウドサービスを利用してケアプランナーなどと緊密にやりとりを行うことができるため、こうした国保連への請求書作成でも正確に作り上げることができます。
他にも、国保連への転送もスムーズであるため、データの送る場合もパソコン上の処理で行えます。
ネットを利用して伝送サーバから、国保連までスムーズに転送することが可能であるため、作成したデータを送る場合にも手間は掛からないのです。

介護の仕事は社会の高齢化にともない、需要が高まっているものです。
その分負担も大きなものとなるため、こうしたソフトの導入により負担を下げる必要があるでしょう。
多くの時間が取られていた作業も、パソコンによって簡単に行える様になるため、時短ができるほか職員の負担も大きく軽減できるでしょう。

計算も簡単になる

介護保険制度により、介護施設では国保連にデータを提出する必要があります。介護伝送システムの導入により、データの作成も筆記による記述よりも簡単に行えるため、仕事の効率が高くなります。

詳細を確認

ASPの利点

介護伝送ソフトの中には、ASPと呼ばれる形態のソフトがあります。ネット上からソフトをダウンロードして利用できるため、安価かつ機能管理においても提供会社が行うため、非常に便利に利用できます。

詳細を確認

パッケージの利点

介護伝送ソフトでは、パッケージソフトと呼ばれる形態のソフトも利用できます。パッケージソフトでは、機能もASPより充実しており、大型の事業所などであれば、複数のパソコンで作業できるため、効率的に仕事ができます。

詳細を確認